【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外挙式をするための段取りと流れ






日本でやるより、海外挙式は楽

日本で挙式をする場合は披露宴を含めて何度も打ち合わせしに会場に行かなければいけません。しかし、海外挙式の場合は現地で着るドレスを日本で決め、1度だけ旅行会社と提携しているウェディング会社と打ち合わせをすればいいだけなので簡単です。ドレスも、現地に同じのが用意されている場合は、自分で持って行かなくてもよいので、旅行の用意だけしていけばいいのです。


海外挙式の流れ




海外挙式をする場合、どこの国でやるのか、どのようなチャペルで挙げるのかも重要になってきます。

国によっては、乾季や雨季もあるので、天候の悪い時期にその国を選ぶと、せっかくの挙式の日に「大雨」という可能性もでてきます。

ヨーロッパンの方では、ウェディング用のチャペルではなく、普通の教会でも挙式を挙げる事ができるところもありますが、宗派によっては、挙式が挙げられない教会もあるので、よく確認する事が重要になります。


挙式会場が決まれば、その会場と提携している旅行会社・ウェディング会社と予約を取り、どのような内容の挙式にするのか、どのドレスにするかを決めれば、あとは現地に向かう日を待つだけです。


海外で挙式をする場合は、挙式の当日に部屋まで「ヘアメイク」さんがきてくれる事がほとんどです。
ヘアメイクは大抵、挙式開始の2時間前から始まりますので、仮に朝9時からの挙式だと、朝7時に、宿泊している部屋にヘアメイクさんが来てくれます。
花嫁さんは、すっぴんで化粧水・乳液だけを塗って待っているだけでいいのです。
その時の服装は「前開き」の服を着る事。
ヘアメイクをしてから、ドレスに着替えるため、前開きの服でないと、せっかくセットしてっもらったメイクや髪型が崩れてしまうからです。


ヘアメイクも終わり、ドレスに着替えたら、挙式会場へと向かいます。
ほとんどの場合が、ホテルから挙式会場まで、リムジンで送迎してくれます。
人生でリムジンに乗るのは、もしかしたらこの日が最初で最後になるかもしれませんので、思いっきりビップ感を味わいましょう。


会場に到着したら、そんまま挙式スタートです。
親族や友達が参列してくれている場合は、すでに会場の中で、二人が登場するのを待ってくれています。
そこで約30分ほどの挙式をしたら、終了です。

そのまま披露宴のような食事会をする人もいれば、写真を撮りにビーチに行く人もいます。
旅行会社によって、いろんなプランがあると思うので、色々見比べて、プランを決定しましょう。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/95-d5cf81bb
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。