【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代の男女に「非婚でもいい」という考え方が増えているのはなぜか?






増加する非婚者

現代は、晩婚も珍しいことではなく、結婚しても意図的に子供を作らない夫婦も増えたため、非婚も珍しいことではなくなりました。「結婚だけが全てではない」「結婚しなくても、幸せ」という考えが一般的になってきたのです。国勢調査の結果では、20代後半の男性7割、女性6割が「未婚」または「非婚」という結果が出ています。

非婚の原因




「未婚」は、結婚したいと思っていたができなかった。または、結婚したかったが、年
を取ってしまい諦めた。と言う方たちです。
一方「非婚」は、「結婚しない」と決め、独身を貫いている方たちの事を指します。

2011年5月に内閣府が、20代~30代の未婚の男女と、結婚3年以内の夫婦、合わせて1万人にアンケートを実施しました。
その結果で分かったことが、全体の60%が「恋人なし」「交際経験なし」でした。

では、結婚している同世代と、なにが違うのか?
どうして「未婚」「非婚」が増加するのか。

調査の結果で、もうひとつ分かった事が、「年収」による既婚率です。
20代~30代の男性で、年収が300万円~400万円の場合の既婚率は、25.7%。
しかし、これが年収300万円未満の場合になると、8.7%まで下がります。
年収の低さから、カップルであったとしても、男性自身が結婚に踏みきれず、女性側も、不安なため結婚は当分できないということになるのでしょう。
また、結婚相手に求める条件で、「容姿」と答えた男性46.4%に対し、女性33.8%。
「経済力」と答えた男性12.4%に対し、女性67.2%。

このような価値観の違いや、何を重要かと思う点で意見の合致が見えず、未婚・非婚が増加してゆくのでしょうか。

他の理由としては、現代に見られる「恋愛の自由化」。
昔の人達は、「一生涯この人だけ」というような夫婦もたくさんいたでしょう。
しかし今は、自由に恋愛し、お見合いしても、気に入らなければ断ればいいのです。
昔は、親同士の関係もあったりなかったりで、お見合いをしても断れない状態という事もありました。

現代のように、男性も女性も自由に恋愛ができるようになったことで、モテない男性や女性は、その「自由恋愛」という土俵に上がる事もできなくなってしまいました。
青春時代は明るく、少しやんちゃな男性がモテ男になり、女性も明るく活発な人がモテ女になりました。
社会人になっても、モテ男はやはりモテ男で、モテ女はそのままモテ女なのです。
モテ組の中には、一途な人もいるでしょうが、、人によっては自由恋愛を楽しみ、人生を謳歌します。
一方モテない組は、やっぱりモテない組のままなのですが、それなりにコツコツ、楽しく人生を過ごします。

しかし、30代に突入すると、モテ男は結婚していき、モテ女であったはずの女性達が「結婚」という土俵から落とされていくのです。

モテない組であった男性達は、仕事でも中堅になり、ソコソコの収入を得るようになっています。
そうなると、モテ女であった女性達は、「経済力」のある、モテない組の男性に言い寄っていくのですが、モテない組であった男性達もそんな馬鹿ではなく、「若いうちに好き勝手していたのに、相手がいなくなったら来るのかよ」となります。
モテない組に所属していた男性からすれば、若い頃からコツコツ築いてきた資金や地位を、若い頃に遊び回っていた女性に渡す事に抵抗があるようです。

せこいと思われる女性もいるかもしれませんが、男性の意見も分かる気はします。


そのため、独身生活になれている男性は「非婚」でも構わないとなり、「結婚」という土俵から振り落とされた女性達は「未婚」あるいは「非婚」になっていくのです。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/68-28ad25a1
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。