【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の時代は女性の方が積極的!「肉食系女子」が増えている






草食男子と肉食女子

草食男子は、恋愛にガツガツせず、消極的で傷つく事や傷つけられる事を恐れているという特徴があり、肉食女子は、草食男子を狩るハンターのように、恋愛に積極的で、「考える前に行動が先」という特徴があります。どうしてこのようになってしまったのか。日本古来からの「男が妻子を養う」というような考え方の「日本男児」はどこへ行ってしまったのでしょう。


草食男子が増加したワケ




近年の20代~30代前半に「草食男子」が増加していると言われています。
その理由として考えられるのが「バブル崩壊」です。
バブル期に青春時代を過ごした男性には、まだ「男が一家を支える」という意識はあるようですが、バブル崩壊後に青春時代を過ごし、不景気な時代に青春時代を過ごした男性達は、輝ける未来を夢見る事もなく、現実主義でお金にもシビアになりました。
基本的に、彼女とのデート代もワリカンである事が多いようです。
しかし、バブル時代にも草食男子は存在していたようで、その割合が近年増えたという考え方もあるようです。
バブル期の草食男子:肉食男子の割合が「2:8」であったのが、バブル崩壊による不景気で「8:2」になったと。
そんな草食男子が当たり前に存在するため、女性が肉食にならざる得なかったのかもしれません。



なぜ草食に?




バブルを迎えるまでの日本の女性は、社会に進出することも少なく、控えめで大人しいという傾向が強く、独身の女性が、夜通し遊んで朝帰りなんて事は、ほとんどありませんでした。しかし、バブル期に突入したことと、1985年の「男女雇用機会均等法」が施行された事で、女性は社会に進出し、男性並みにパワフルでアクティブになりました。
「ジュリアナ東京」のようなディスコで、夜通し踊り、朝帰りという事も珍しくなくなっていったのです。
つまり、景気がよくなると、女性は男性化し、景気が悪くなると男性が女性化するという事でしょうか。

バブルが崩壊し不景気ではあったものの、物質的には恵まれていたため、何かを手に入れたいと必死になる事もなく、ガツガツすることが今までになかった事が、草食男子になっていくきっかけとなったのでしょう。



肉食女子が増えたワケ




草食男子が増加した事で、女性はソコソコの稼ぎがないと生きていけない時代になりました。
いくら男女雇用機会均等法が施行されたとは言え、企業によっては「寿退社するのだろう」と思っている女性に、責任のある仕事を任せたがらない場合もあります。
そうなると、やはり女性の給料は、男性よりもいくらか低額になる場合があり、一人で生きていくには、多少苦しくなります。
今の時代、「年収200万円以下の派遣社員」という女性もたくさんいます。
やはり、結婚もしたいし、男性に助けてもらわないと生きて行く事が苦しいと感じた場合に、「肉食女子」へと変化してゆくのでしょう。
草食男子が増加すると共に、肉食女子が増加する理由が分かる気がします。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/58-25faf45c
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。