【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のクリスマス

クリスマス☆







今年も気付けばもう年末!
ということはあの大イベントももうすぐ。
そう!クリスマスです。
ここでは少し日本のクリスマスの歴史を
ご紹介します。
日本のクリスマスの歴史


1552年、現在の山口県山口市にて、
宣教師コスメ・デ・トーレスたちが降誕祭のミサを行いました。
それが日本で初めてのクリスマスだそうです。
しかし、クリスマスは明治の初めまでまったく受け入れられていなかったのです。

1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出し、
その頃からクリスマス商戦も始まり、
それが大きなきっかけとなり、徐々に浸透していきました。

戦前は先帝祭が休日とされていて、
大正天皇が12月25日に崩御されたので、
クリスマスが休日だったこの頃に広く普及していったとされています。
こうしてクリスマスが今の年中行事になっていったのです。


ちなみに、
クリスマスは多くの国で祝日となっていて、
日本でも祝日にしようという話があるそうです。

祝日にした場合、天皇誕生日が12月23日であるため、
両日に挟まれた24日が自動的に国民の休日となり3連休に。
年によっては21日から5連休となり、
その後すぐに年末年始休暇となるため、
有給を利用すれば15連休前後の長期休暇が取りやすくなるという利点も。

しかし、多くの企業にとってはいわゆる繁忙期・かき入れ時であることもあり、
実現の見通しは全く立っていないんだとか。


2006年には日本人男女を対象とした統計調査が行われ、
その結果によると、クリスマスを過ごす相手は、
家族」と答えた人が約6割と圧倒的多数を占め、
またクリスマスの過ごし方は「家でのんびりする」が群を抜いて1位(66%)と、
多くの人がクリスマスは家庭で過ごす傾向にあるようです。

独身者は、
家族、恋人、友人、家で独りなど、
クリスマスの過ごし方は様々ですが、
パートナーのいる人にとっては、
オシャレして一緒に過ごしたり、プレゼントを贈ったりする大事な日でもあり、
また近年では友人同士でパーティーをして過ごす人も多いようです。


とまぁ長々と書きましたが、


どんなクリスマスも、
どんな過ごし方でも、


今年最後の素敵な思い出になりますように。。





関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/459-7812c51e
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。