【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕のお話

天の川






7月7日。
そうそれは織姫と彦星が一年で一度だけ会える
大切な日。

あなたはこのお話をちゃんと知ってますか?
七夕ストーリー


7月7日は何の日かみなさんご存知ですよね?

そう七夕の日です。

元々は棚機(たなばた)と書き、
古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で乙女が着物を織って棚にそなえ、
神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。

そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。
やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。
現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われています。

一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつであり、

今でも毎年7月7日の夜に、
願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、
星にお祈りをする習慣が残ってますよね。


七夕と聞いて一番に思い浮かべるのはやはり「織姫」と「彦星」ではないでしょうか?

みなさんはこのお話ちゃんと知ってますか?

なんとなくしか知らないって方も結構いるのでは?

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

織姫と彦星

天の川のそばには天の神様が住んでいました。
天の神様には一人の娘がいました。
名前を織姫と言いました。
織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。

織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に御婿さんを邀えてやろうと思いました。
色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている彦星という若者です。
彦星は、とても立派な若者でした。織姫もかがやくばかりに美しい娘です。
二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。

二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。
でも仲が良過ぎるのも困りもので、
二人は仕事を忘れて遊んでばかりいるようになったのです。

すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。
「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」
「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」

神様は、すっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と言って、
織姫と彦星を別れ別れにしたのです。

でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見てこう言いました。
「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」

それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日一生懸命は機を織りました。
天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。

そして、待ちに待った七月七日の夜、
織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行くのでした。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

これが織姫と彦星のお話です。
どうですか?思い出しましたか?

ちなみにこの日に雨が降ると、
川の水かさが増して会えないという説と、
カササギたちが橋となり会わせてくれるという説があります。


恋は盲目とは言いますが、
これだけお互いに想い合って愛し合える織姫と彦星の関係に憧れますね。





関連記事
noriko tohara 倫子戸原
憧れるぅ。


- 2013年07月02日(火) -
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/444-863edaf0
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。