【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジューンブライド

ジューンブライド







ジューンブライド。
それは女性なら一度は憧れたことのあるもの。
あなたはその由来を知っていますか?
6月の花嫁


ジューンブライド(June bride)。
これを直訳すると「6月の結婚」や「6月の花嫁」
”6月に結婚すれば幸せになれる”という、
もともとはヨーロッパに古くからある言い伝えです。

しかしその由来はいくつかあるそうです。
代表的なもので言うとこの3つ。


●女神「JUNO」説

6月の「JUNE」とローマ神話で結婚をつかさどる女神「JUNO」
この二つが由来となっているもの。
「JUNO」の月は結婚や女性の権利を守護する月であることから、
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるであろうという言い伝えで、
この説が最も知られているかと思われます。


●気候(季節)説

ヨーロッパでは6月が一年で最も雨が降らない時期で、
気候的に一番結婚式に向いているというもの。
またこの月には「復活祭」というものがあり、
ヨーロッパ全体が一気にお祝いムードになるそうなので、
たくさんの人にお祝いされた花嫁は幸せになるだろうという言い伝えから。


●結婚解禁説

農作業の妨げになるということから、3月、4月、5月は結婚してはならないという決まりがヨーロッパにはあったそうで、それが解禁する6月に結婚するカップルが多く、より祝福される月だったため幸せになれるというふうに言われていたそうです。


では、なぜ日本でもジューンブライドが広まったのでしょう?
6月と言えば日本では梅雨真っ只中。
とても結婚にふさわしい季節とは言えません。
これには次の理由が挙げられます。


ジューンブライドが浸透する前、
やはりこの時期は結婚式を挙げるカップルが少なく、
どこの式場も閑散としていました。
どうしたものかと困っていたところヨーロッパの言い伝えに辿り着いたのです。
そこから「6月の花嫁は幸せになれますよ」と言って宣伝をし、
そのロマンティックな言い伝えに共感する人々に広まっていったそうです。


まあ何にせよ、6月が結婚をつかさどる「JUNO」の月だということに変わりはないので、
6月に結婚すると幸せになれるのではないでしょうか☆
今は空調設備なども良くなってますしね(^^)


紫陽花の花に囲まれながらというのもいいものですよ。
ブーケも可愛いですしね♪


紫陽花のブーケ





関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/442-80525f47
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。