【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

同性同士の結婚が合法化された国






同性愛者への理解

同性愛については、人それぞれの意見や考え方があるでしょう。日本でも、2011年にゲイの地方議員が誕生するなど、同性愛者に対して、人々が理解を示してきているようにも感じられます。日本では、同性愛者同士の結婚は認められていませんが、海外諸国では同性愛者の結婚が認められている国もあります。


海外の同性愛者




海外では、国や州によって結婚は認められていないが、「パートナーシップ」と言って、夫婦と同等の権利が認められている地域もあります。

パートナーシップは同性愛者だけに限らず、異性のカップルであっても認められる地域もあり、この制度を活用しているカップルは意外に多いのです。

ヨーロッパで、結婚せずに「同棲」のまま一緒にいるカップルは、この制度を利用している事が多く、結婚という形にとらわれない、新しい夫婦のあり方なのかもしれません。

しかし、日本では、同棲カップルはあくまでも他人で、いくら長く付き合っていたからと言っても、夫婦と同等の権利は与えられません

そのため、結婚という形をとるしかないのです。

同性愛者のカップルも同じで、結婚もパートナーシップも認められていない日本では、夫婦同等の権利は主張できず、同じ戸籍に入る事もできません。

もし日本で同性愛者同士が同じ戸籍に入るのなら「養子縁組」しかないのです。



同性愛者の問題点




日本でのHIVの感染者は全体の94%が男性です。

その理由として、同性間の性交渉が挙げられます。
男性同士の性交渉は、出血しやすいため、HIVに感染してしまうのです。

勘違いしてはいけないのが、HIV感染者が全員、同性愛者なワケではありません。
割合は異性愛者と差はありません。

ただ、同性愛者の方が少し割合が多いという事です。


同性愛は宗教上の問題も大きく、仏教では同性愛について厳しくありませんが、イスラム教徒では、厳しく禁じています。

イスラム教徒では、同性愛に対しての罰則が厳しく、見つかった場合は国外追放や拷問、迫害や死刑となります

実際にイランでは、同性同士の性行為は重犯罪と位置付けされ、多くの同性愛者の死刑が執行されてきました。

公開死刑に合った中には、未成年の若者もおり、世界に衝撃を与えました。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/398-537bb2c8
TOP△