【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「6月に結婚すると幸せになれる」というジューンブライドの由来とは






ジューンブライド

ジューンブライドと言って、6月に結婚式を挙げるカップルが多いとは聞いた事はないでしょうか。しかし、海外の6月は過ごしやすい気候かもしれませんが、残念ながら日本の6月は梅雨真っただ中なので、ジューンブライドには適していない国です。6月に結婚したカップルは幸せになれるという言い伝えから、日本でも6月の挙式は人気で、費用も通常より少し高くなる所が多なのです。


ジューンブライドの由来




6月のJuneは、ローマ神話に登場するJupiterの妻、June(ジュノ)からきています
June(ジュノ)は、ローマ神話で新婚生活の保護神・女性の守り神とされていて、6月のJune(ジューン)は、June(ジュノ)からきているため、6月に結婚する人は幸せになれると言われているのです。


その他にも、ローマでは、3~5月の間は結婚が禁止されていたという説や、ヨーロッパでは6月は晴天が最も多い月であったためとも言われています。


また農家の人達がひと段落する月でもあり、この月に結婚・妊娠すると、嫁ぎ先で出産の時期が作業の妨げになる事がないなどという説もあります。


日本においては、6月は梅雨の時期に入るため、ホテルやウェディング業界は暇になります。
そこで、ウェディング業界がジューンブライドを宣伝し、日本にも浸透させた事で6月も客足が切れることなく営業をする事ができるようにしたという説もあります。


1990年には秋篠宮文仁親王と川嶋紀子様の結婚式が6月29日に行われ、1993年には、皇太子徳仁親王と小和田雅子様の結婚も、6月に行われ、6月9日が国民の祝日となりました。

その他には、辻仁成と中山美穂や、中村獅童と竹内結子も6月に結婚しています。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/345-11186430
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。