【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

同性愛者の結婚は道徳的に許せる?許せない?






日本の同性愛者

最近でこそ、日本でも同性愛が世間で認められるようにはなりましたが、法律で認められているわけではありません。日本では同性愛者同士の結婚は法的には認められておらず、正式に「夫婦」にはなれません。もし一緒の戸籍に入りたいのであれは、今は「養子縁組」するしかなく、「親子」の関係にしかなれないのです。


同性愛で死刑執行




同性愛者同士の結婚を認める国も、近年増加傾向にあります。
しかし、認めない国も多くあり、国によっては死刑を言い渡される国もあります。

代表的な国にイランがあります。

イランでは同性愛者は「死刑」の対象になります。

イランの法律では、健康な男性2名が、性行為に及んだ場合、死刑の対象となります。
これは、性器の挿入者・被挿入者共に執行される処罰となります。

挿入行為がなかった場合は、死刑にはなりませんが、「ムチ打ち」の刑罰が科されます。男性同士でキスをしたり、裸で寝転がっているだけで「ムチ打ち」の対象となります。

実際にイランの18歳と16歳の男性が、性行為をしたとして、公開死刑されました。

また、アフリカ・ウガンダでも、同性愛者は禁止されており、発覚した場合は14年の刑を受けなければいけません。

ウガンダでは、同性愛者に対する差別もひどく、同性愛活動家が撲殺されるという事件も起きています。


世界で見ると、同性愛者に対して厳しい罰を与えているのはイスラム教徒に多いのです。
イランやウガンダの他にも、サウジアラビアでも、同性愛者の性行為は死刑とされ、エジプトでも逮捕、ガンビアでは国外退去もしくは死刑を迫られます。

イスラム教徒の同性愛者は悲惨な迫害を受け、日本や欧州に亡命してくる場合も数多くあります。

また、ペルシャやトルコ、インドは、昔は同性愛者に対して寛大であったにも関わらず、近年では、イラン同様、厳しい罰則が科せられています。



関連記事
no name
同性愛で死刑ですか・・・おそろしい国もあるもんですねぇ
女性同士もやっぱりダメなんですかね?

- 2011年07月11日(月) -
no name
>裸で寝転がっているだけで「ムチ打ち」の対象となります。

海で日光浴もできないw怖すぎww

- 2011年07月11日(月) -
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/343-5d288285
TOP△