【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性が亭主関白になるかは結婚前から見抜ける!






古き良き時代

ただ「亭主関白」と言うと、「身勝手な夫」「威張り散らす夫」というイメージですが、昔の古き良き時代の日本男児とは、「亭主関白」であったもの。一家の大黒柱として、家族を愛し、守る。そして、女性は家を守り、夫をたてる」。しかし、現代では、亭主関白は嫌われ、結婚したくない条件ベスト3に入りほどです。どうして、そこまで嫌われてしまったのか?


亭主関白が衰退




昔は、男は強い者・男が女を守るという時代でした。

女性が社会に出るまでは、男性が一家の大黒柱として、生活費を稼ぎ、家族を養っていました。

そのため、女性は男性よりも地位が低く見られがちで、夫である男性が言う事には反対できず、夫を立てる妻が普通でした。

しかし、男性も現代の男性とは少し異なり、男気のある男性が多かったのです。
頼り甲斐があり、深い愛情があったため、亭主関白でも女性がついて来たのでしょう。


現代で「亭主関白」というと、ただの威張り散らした男性というようなイメージがあります。
女性が社会に進出するようになり、男性並みもしくはそれ以上に収入がある時代になった今、亭主関白な男性を見た女性は
「私だって稼いできてるのに、なんでそんなに偉そうにされなきゃいけないのだ」
となります。
そりゃそうです。

威張りたいなら、女性に文句を言わせないくらい稼いでくるしか方法はないのではないでしょうか。
そのため、男性を立てるという昔の日本女性の数も減少しています。





結婚前に、亭主関白は見抜けるのか?





よく、結婚してから暴力を振るうようになったという男性の話を耳にします。

付き合っている頃は、虫も殺せぬような人だったのに・・・と。

しかし、何故結婚すると、暴力夫へ変貌してしまうのか。

それとは逆に、付き合っている頃は、女性らしく優しかった妻が、結婚すると夫に冷たくなり、口もきかなくなったなど。

そうなる原因は、お互いにあると思われます。
結婚した事で、付き合った頃のような初々しさはなくなり、居るのが当たり前になる。
慣れ過ぎて、夫の事を尊敬しなくなり、妻に感謝しなくなる。

そうして、妻は夫の言う事全てに否定的になり、夫は妻の事を面倒に思うようになるのです。

それがエスカレートし、妻が口をきかなくなったり、夫が暴力を振るうようになるという事なのでしょう。


付き合っている頃から、妻の意見に反対的な意見ばかり言う男性や、女性は要注意です。
結婚後にエスカレートすると、亭主関白になる可能性があります。

もちろん、全員がというワケではありません。



関連記事
no name
たしかに亭主関白な夫というのは最近見ないですね。
だいたい奥さんの尻に敷かれてるような気がする。

- 2011年06月24日(金) -
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/256-5a24fed2
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。