【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚約指輪にダイヤモンドが選ばれる事が定番になった理由






婚約指輪とダイヤモンド

婚約指輪の定番と言えばダイヤモンドです。女性は婚約指輪を男性から渡される事で、結婚へのステップを踏む事になるのです。女性にとって婚約指輪を渡されるというのはとても幸せな事ですが、なぜ婚約指輪にはダイヤモンドが定番のように選ばれているのでしょうか。ダイヤモンドが選ばれている理由を知る事で、婚約指輪をもらえた時の気持ちもより幸せなものになる事でしょう。



なぜ婚約指輪にダイヤモンドが使われるようになったのか?





婚約指輪には、一般的に無色のダイヤモンドが選ばれる事が定番ですよね。
ダイヤモンドが付いた様々な指輪を見ているだけで、女性は幸せを感じます。
でも、婚約指輪には別にダイヤモンドでなくても他の宝石を選んでもいいのです。

では、なぜ婚約指輪にダイヤモンドが一般的に使われるようになったのでしょうか。

中世では婚約指輪にサファイアルビーがよく使われていました。
それがダイヤモンドに変わったのは、15世紀頃のようです。
最も古い記録として残っているのは、1477年のドイツでの話になります。
神聖ローマ帝国の皇帝になるマクシミリアン大公とブルゴーニュのマリー公女との婚約に際し、モロルティンガー博士がダイヤの婚約指輪を贈るように助言したのです。

また、ダイヤモンドというのはその希少さや美しさは何ものにも屈する事がないほど硬いという事から、「愛の象徴」としてふさわしい宝石とされています。
そして病気や事故に遭わないように「お守り」としての意味もあるのです。

ダイヤモンド自体も天然物質の中で最も硬い石のため、ほとんど傷つく事はありません。
酢やアルカリなどの化学薬品にも侵される事はないので、ダイヤモンドは他の宝石と比べても輝きが半永久的に維持されるというわけです。

このような理由により、

その強固さは2人の愛は永遠に壊れない事を約束する

という意味で、婚約指輪にはダイヤモンドが定番のように使われているのです。


関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/216-7296eb7e
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。