【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式を自宅で行う事ができる「自宅結婚式」とは?






昔ながらの「自宅結婚式」スタイル

結婚式と言えば、最近は結婚式場やホテルなどで行うのが当たり前になっています。しかし、今ではほとんど見れられなくなりましたが、昔からある結婚式の伝統的なスタイルには「自宅結婚式」というものもあります。「自宅結婚式」とは、新郎の自宅で親戚などを集めて行う結婚式の事です。自宅結婚式とはどういったものなのか見ていきましょう。



「自宅結婚式」の良い点と不便な点





結婚式を挙げる場合に、日本では昔「自宅結婚式」という伝統的なスタイルがありました。
自宅結婚式というのは、その言葉通りに「自宅でする結婚式」になります。

新婦が新郎の家に嫁ぐので、昔は結婚式は新郎の家で行うのが一般的でした。
新郎宅に親戚や知人などが集まり、媒酌人が新郎新婦を新しい家族として加えるために杯を交わすという催しが中心となる結婚式です。
結婚式場で結婚式を挙げるような派手さはありませんが、身内だけのアットホームな雰囲気の中で行えるというのが特徴になります。
また、自宅で行うという事で費用も抑えられるのです。

今ではこの自宅結婚式というスタイルはほとんど見られなくなりましたが、自宅結婚式を行う場合の良い点不便な点について見ていきましょう。


●自宅結婚式の良い点

・自宅で行うため、結婚式の費用を抑えられる
・比較的自由な結婚式ができる
アットホームな雰囲気を味わえる


●自宅結婚式の不便な点

・全て自分たちで結婚式を行うため、費用がかかり過ぎる場合もある
・結婚式場で行う結婚式とは違い、ただの宴会になってしまう場合もある
・自宅で結婚式を挙げるためにはそれなりに広い家が必要になる


このように、自宅結婚式にも良い点と不便な点というのがあります。





「自宅結婚式」の流れ





では、実際に自宅結婚式の流れというのを紹介します。


●新郎新婦の入室

まず床の間に向かって左側に新郎の関係者が、右側に新婦の関係者が向かい合って座ります。
そして、媒酌人に付き添われて新郎新婦が入室します。


●夫婦固めの杯(三三九度の杯)

媒酌人が開式を宣言した後に、夫婦固めの杯(三三九度の杯)を交わします。
新郎→新婦→新郎の順でお神酒を飲み交わします。


●親子固めの杯

新郎と新婦の両親の間で、親子の杯を交わします。なお、交わす順番は地方により異なります。
また親子の杯は省略して、次の親族固めの杯だけを交わすこともあります。


●親族固めの杯

両家の参列者全員が向き合って乾杯します。
父親同士→母親→兄弟姉妹の順で、両家交互に杯を回し、最後に新婦が納めます。


●式終了

媒酌人があいさつをして終了になります。
その後に祝宴に移ります。


●祝宴

別室で行ったり、または料亭やホテルなどで披露宴を行う場合もあります。


このような流れで行うのが、「自宅結婚式」というスタイルになります。


関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/215-ccc4984e
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。