【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚適齢期は昔の話。今の時代は気にする必要はない






結婚適齢期はもう意味がない

昔から結婚は結婚適齢期でした方が良いと言われてきましたが、その考え方は現代においてはあまり意味がなく合わなくなってきました。その理由としては、多様な生活スタイルが増えた頃や、結婚に関する考え方が変わった事があるでしょう。そのため、結婚適齢期という考え方は今の時代ではあまり気にする必要はないのです。



結婚適齢期という言葉は今の時代には合わない





一時期、結婚適齢期を過ぎた高齢の独身女性を「負け犬」と呼ぶ事が流行りましたが、この言葉を聞いて笑える人もいれば、笑えない人もいますよね。
結婚できないから負け犬。ひどい話だと思いませんか?

そもそも結婚適齢期というのは「結婚するのにふさわしい年齢」の事を言います。
この「結婚するのにふさわしい年齢」というのは何歳くらいの事を言うのかは分かるでしょか。

結婚適齢期というのは、実は決まった年齢というものはありません。
その時々の時代や国によって変わるのです。
しかし、一般的に結婚する年齢は20代が多いため、結婚適齢期も遅くても20代後半とされている場合が多いのです。

しかし、近年はこの結婚適齢期という言葉はさほど意味をもたなくなってきました。

・昔と比べて日本人の寿命が伸びた
・多様な生活スタイルが増えた
・結婚に関する考え方の変化


これらの理由などで、「結婚適齢期」という言葉が時代に合わなくなってきているのです。

まず日本人の寿命が昔よりも延びた事で、30代や40代でも結婚をする人も多くなっている事が理由にあるでしょう。
今の時代は晩婚化の傾向がありますし、急いで結婚をしようと思う女性がいなくなったのです。

また、多様な生活スタイルが増えた事も理由でしょう。
女性が仕事をしやすい世の中になったので、結婚よりも仕事を優先したい女性も多いのです。
昔は親と一緒に暮らす女性が多かったので、親から「そろそろ結婚したらどう?」と急かされていましたが、現代では親元を離れて生活する女性も多いので、そのように急かされる事もありません。

そして結婚に関する考え方の変化というのが、結婚適齢期の意味をなくしている大きな理由でしょう。
今の時代は「結婚をするとお金がかかってしまうから結婚しない」という人も多いのです。
また、娯楽なども増えた事で、独身でいても苦ではないという人も増えています。
食に関しても、今はコンビニなどで簡単に出来上がったものを買う事ができ、家庭を無理に必要とする事もなくなりました。
要するに、結婚をする意味がないという考え方の人も多くなってきているわけです。


これらの理由などで、結婚適齢期という言葉はもうほとんど意味は持たないのです。
もし結婚適齢期という言葉の意味を現代に合わせるなら、

「結婚をしたいと思った時が適齢期」

ではないでしょうか。


関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/190-9bfdefdf
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。