【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50代や60代でもまだ結婚相手は見つかるのか?高年齢層の婚活事情






熟年結婚?

50代や60代で、結婚相手を探す人とは、一体どんな人でしょう。一度も結婚していない人もいるかもしれませんが、離婚や死別が理由で、再婚相手を探している人もいる事でしょう。残された時間を、もう一度誰かと共に、愛し愛され暮らしたい。そう願うのは欲張りな事なのでしょうか。結婚するには問題があるのなら、友達という関係にはなれないものでしょうか。


年を取ってからの結婚




若い頃の結婚と、年を取ってからの結婚は少し重みが違います

若い頃の結婚は「未来に向けての結婚」であり、「生涯この人と共に」という決意や責任です。

しかし、年をとってからの結婚は「これからの残された時間を一緒に過ごしたい」「ゆっくりした生活を共に送りましょう」という余生を共にという結婚になります。


50代・60代で結婚相手を探す人の中には、一度も結婚をしていない人もいるでしょうが、死別や離婚により、再婚を考えている人もいるでしょう。

年を取ってからの結婚には、色々な問題が出てきます。

再婚の場合だと、「子供」が問題になります。

子供によっては、年を取ってからの再婚に反対する事があります。

原因は世間体や、遺産の問題

「ボーイフレンドぐらいならいいけど、再婚はやめて欲しい」という子供も多いのではないでしょうか。

ましてや、多額の貯蓄がある場合には、そのお金が目的で再婚相手が近づいてきたのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。

そのような事から、再婚に反対される事は少なくないでしょう。


また、一度も結婚した事のない人が、50代・60代で初婚となると、それもまた問題があります。

年齢にもよりますが、50代・60代の女性が結婚相手の場合、まず子供は産めない可能性が高いです。

いくら医学が発達してきたとはいえ、生理的に不可能な場合と、産める体であってもリスクが高いという事。


ただ、余生をゆっくり過ごす事が目的で一緒になるのであれば問題はないですが、遺産の問題も含め、多少なりとも壁が立ちはだかる可能性があります。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/172-a8ae7900
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。