【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デートでかかるお金は男が全部支払うべき。その理由とは






ケチな男は嫌われる

年齢にもよりますが、一番最初のデート代ですら、「ワリカン」にする男性が増えているようです。男性の意見としては「次も会いたいと思えば、全額出す」というように、デート中に「ワリカン」にするかどうかを考えているようです。そのケチさ加減が結婚できるかできないか差にも繋がっているように思えます。既婚男性の意見は「初デートは全額おごる」でした。


最初が肝心




社会人であれば、初デート代は男性が出しましょう。
全額出せないのであれば、初デートに誘うべからず。
自分の払える範囲のお店でデートすればいいので、高級レストランに行く必要はありません。
社会人である男性が女性をデートに誘った場合、女性は「デート代は出してくれるもの」と思って、誘いに応じている場合が多く、もし支払いの時に女性が「私も払います」と言っても、それは本心ではありません。
女性が「払います」と言った時に、真に受けて「それじゃ・・・」と言わないように注意しましょう。
一回目のデートですら格好つけれない男性と、またデートしようと思う女性はいてません。

女性側も「奢ってもらって当然」という態度は厳禁です。
心ではそう思っていても、ちゃんとお礼と感謝の気持ちを伝えましょう。
「ありがとう」を言えない女性と、またデートしようと思う男性はいてません。

お金にゆとりがあり、デートの度に毎回奢ってくれる男性もいるでしょうが、さすがに若いうちからそんな事ができるくらい、余裕がある男性は少ないです。
ましてやこの不景気ですから、男性もデートはしたいがお金に余裕がないという事もあるでしょう。
ですから、2回目以降のデートは「ワリカン」にしても構わないです。
しかし、ワリカンで支払いをした時に100円単位や1円単位まで細かく請求するのはやめましょう。細かすぎる男性も女性から見ると「ケチな男性」に入ります。
仮に、お会計が7千円という場合は、男性が5千円、女性が2千円というように、女性よりも多めに出すように。
お会計は常にスマートに行うよう、心がけて下さい。

その他、細かいお金は請求したりワリカンにしないようにしましょう。
例えば、映画を観に行って、男性が飲み物を買ってきたとします。
そこで、女性が「自分の分は払います」と言っても、受け取らないようにして下さい。
何百円を請求する男性は、女性から嫌われます。



女性は、自分にどれだけの金額まで奢ってくれるのかで、男性から見た自分のレベルを伺っています。
もし、何百円の単位まで請求されれば、「私は100円単位レベルなのか」となります。
女性はいつまでも、お姫様のように扱って欲しいものなのです。
結婚すると、かかあ天下で強くたくましくなる女性もいますが、基本的に守って欲しいと思っているので、「君の事が大切なのだ」と思わせれるような行動を取りましょうね。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/123-cb8b6c1c
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。