【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  美顔器
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚指輪や婚約指輪を買う時の一般的な相場はどれくらい?






ヨーロッパから始まった結婚指輪

中期ルネサンス時代、指輪は様々な用途に使用されていました。闘いに行く時に身に付け、お守り代わりとしたり、普段から身に付け、権力の誇示として利用されたり・・・。そんな中で、男性が女性に愛の証として、プレゼントする習慣も生まれました。指輪には、男性からの熱い思いが刻まれおり、それが現在の結婚指輪の始まりとなったと言われています。


婚約指輪の相場




婚約指輪は、給料の3ヵ月分と言われていますが、これは日本だけの話です。
「給料の3ヵ月分」というのは、宝石商に「デビアス社」が付けたキャッチコピーで、高度成長期であった日本は、裕福な国とされていたために、日本だけ「給料の3ヵ月分」というキャッチコピーが付けられたのです。
アメリカでは「給料の1ヵ月分」というキャッチこコピーが付いています。

高度成長期の日本ならば、給料の3ヵ月分の婚約指輪も買えたかもしれませんが、現代の日本の給料の3ヵ月分の婚約指輪を送る人は、ほとんどいません。
女性の多くが「3ヵ月分の給料を指輪に使うぐらいなら、新婚旅行や他の事にお金をかけたい」という意見も多く、最近の婚約指輪の相場は給料の1.1~1.5ヵ月分となっています。



結婚指輪の相場




結婚指輪は婚約指輪とは異なり、普段使いができるシンプルなデザインのものが好まれています。毎日外す事なく身につけるため、どんな服装にも違和感なくつけれる物の方がよいとされています。
石もほとんど付いていない物が多いため、婚約指輪より相場は低くなります。
婚約指輪の相場が、約35万円で、結婚指輪が約10~20万円となっています。



なぜ、プラチナとダイヤモンドの指輪なのか




ダイヤモンドは存在する物質の中で、一番の硬度を誇り、曇ることもありません。
そのため、「硬い誓い」「曇らない想い」「永遠の輝き」などの意味を含め、結婚に相応しい宝石となっているのです。
しかし、絶対にダイヤモンドにしなければいけないワケではなく、パールや他の宝石を結婚指輪にする人もいます。

ダイヤモンドは、傷は付きにくいのですが、よく勘違いで「割れにくい」と思っている人がいます。しかし、それは間違いで、傷は付きにくいですが、割れにくいわけではありません。むしろ、結構簡単に割れてしまうので、扱いには注意しましょう。

プラチナは、ダイヤモンドを一番美しく輝かせる性質を持っています。
サビる事もほとんどなく、熱や薬品にも強いので、永遠にその輝きを失く事はありません。
そのためダイヤモンドと合わせて、永遠の愛の象徴となったのです。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/121-955a3c4e
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。