【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ日本では晩婚化が起きているのか?その理由と原因






若いうちに結婚する必要がない

晩婚化が悪いわけではありませんが、なぜ日本がこんなにも晩婚化の時代になっているのか。理由は様々ですが、一番は「そんなに早くに結婚する必要がない」という事が挙げられるのではないでしょうか。近年の女性は、仕事に対して「腰かけ」ではなく、長く働きたいと願っている事も多いため、結果的に晩婚化に繋がっいるのではないでしょうか。


今と昔




昔は、30歳までに出産をしなければ「高齢出産」になり、出産時にリスクを伴うと言われていました。しかし、医療は進化し、近年では30代後半での初産でも、問題なく出産することができるようになりました。
20代で出産するのに比べると、多少のリスクはあるかもしれませんが、昔ほどのリスクはなく、通常に出産をする事ができるようになりました。
そのため、女性も「子供は欲しいが、30代になってから産めばいい」という考え方になり、時間的に余裕ができたのです。

昔の日本の一般的な考え方は、就職しても25歳頃には結婚し、出産のため「寿退社」でした。
しかし、近年は結婚しても、「寿退社」をする女性は減りましたし、子供ができても「産休」や「育休」を使って、職場に復帰する女性も増えています。


それに加え、定年退職が55歳から60歳までに引き上げになりました。
男性も、55歳で定年になるより、60歳まで仕事ができる方が、時間的には余裕がでます。
そのため、近年のような「晩婚化」に至ったのです。

ほかの理由としては、近年の不景気も考えられます。
少し前の日本ならば、男性が仕事をし、女性がパートで扶養範囲で稼いできていれば、ソコソコ豊かな生活はできていました。
しかし、今の日本は男性が外で働き、女性がパートに出ていたとしても、豊かな生活を送る事が難しい時代になっています。

給料が上がるどころが、不景気によるボーナスカットとい企業もあります。


結婚しても、暮らしてゆくだけの十分な経済力がないという事も理由として挙げられます。

昔は、「いい年して結婚してない人は問題がある」とされていたため、若いうちは、嫌でも縁談が来ていました。
そのためお見合いも数多く行われていました。
しかし、現代では「愛する人もいないからって、お見合いしてまで結婚する意味が分からない」という考え方の方が強いようです。



関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/105-e0a53cfd
TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。