【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

婚約をしてから結婚式までにやらなければいけない準備






どんな結婚式をするのか決める

プロポーズの後、結婚式までの間にしておかなければいけない事とは何でしょうか。実は結構たくさんあります。結婚式場の予約や2人がどんな結婚式を挙げたいのかなど、やはり結婚式は2人の思い出に深く残るので、2人でよく話し合って決めるのが良いでしょう。また、誰を呼んでどのくらいの規模の結婚式にするのかも考えないといけません。



結婚式場の予約と選び方





結婚式の予約いつまでにしたらいいのでしょうか。

結婚式の予約ですが、これは式を挙げる6ヶ月前までには予約しておきましょう。
特に6月(ジューンブライド)は込みますので早い予約が望ましいです。
式場は大体1年から1年半前には受け付けてくれるので、早めに予約を入れましょう。
6月だけでなく、春と秋も人気が高いので、早めに式場を決めるのが重要です。

結婚式場の選び方についてですが、2人がどんな結婚式を挙げたいのかを中心に決めましょう。
やはり結婚式は2人の思い出に深く残るので、2人でよく話し合って決めるのが良いでしょう。

その次に考えなくてはいけないのが、誰をよんでどのくらいの規模の結婚式にするのかという事です。
家族や親族だけでやるのか、友人も呼んで華やかにするのか。
友人を呼ぶなら場所も重要になってきます。
またその場合、あまりにも遠い場所は避けた方がいいでしょう。
呼ばれる側もできればご祝儀以外の出費は避けたいものです。
呼ぶ人のことも考えた式場選びを心がけましょう。

式場の下見や、実際に見て自分達の思う結婚式のコンセプトに合うかどうかも確認してから式場を決めましょう。





結婚式場が決まったら?





【結婚式の準備】

●媒酌人(なこうど)さんを決めましょう。媒酌人とは2人の結婚式をとりもつ人です。親の知人や親戚、恩師、会社の上司などお世話になってる方に引き受けてもらうのが一般的です。

●招待客(ゲスト)をリストアップしましょう。規模や誰を呼ぶかは2人でよく話し合って決めましょう。また、できるならお互いが呼ぶ人間の人数は半々ぐらいになるのが、一番望ましいです。

●衣装の下見。衣装を合わせに行きます。ドレスは仕上がりに時間がかかるので早めの衣装合わせに行くのいいです。

●結婚指輪の購入。一生つける物ですので、デザインなど2人でじっくり話し合って決めましょう。


【3カ月前~】

●招待状を作成して、呼ぶ方に招待状を送りましょう。

●スピーチのお願。結婚式でスピーチをしてくれる方を決めお願いしましょう。上司や中の良い友人などが望ましいです。

●ブライダルエステ。女性はこの時期頃からエステなどをして結婚式に向けて準備をします。

●引き出物を決めておく。ゲストには同じ物を渡すのが基本ですが、年齢や性別によって変えるのもありです。

●司会者やカメラマンを決めます。プロに頼むのが一番いいですが、カメラなどは友人に頼んでも喜ばれると思います。写真好きの友人がいれば聞いてみましょう。

●受付者を決める。友人などに結婚式の受付をお願いしましょう


【1か月前~】

●いよいよ1カ月前。この頃には殆どの事を決めておかなければなりません。

●出席者の確認。出席するかどうかの確認をしっかりと取りましょう。重要な事なので抜かりなく行いましょう。

●出席表の作成。出席者の確認ができたら、それぞれの席次を作成します。バランス良く配席しましょう。また、同時にメッセージカードを作るのもいいです。

●ブーケの手配から、式場の音響や映像設定、その他のやり残しがないかしっかりと確認しましょう。また、しっかりと司会者と打ち合わせもしましょう。


【前日】

●なこうどさんや司会者、受付者など式を手伝ってくれる方に事前連絡をしましょう。当日お世話になるので、しっかりとお願をしておきます。

●当日の忘れものがないかのチェックも抜かりなくしましょう。


【当日】

いよいよ当日です。
緊張もしてると思いますが、一生の思い出に残る日です。
楽しんで下さい。荷物の忘れなどには注意して下さい。
早めの式場入りを心がけて、素敵な結婚式を楽しんで下さい。


関連記事
 
トラックバックURL
→http://loverisace.blog55.fc2.com/tb.php/10-94fa4ccb
TOP△