【婚活アルバム】目指せ結婚!初心者を応援する婚活ブログ

婚活パーティーまとめバナー  婚活アルバム  電話占いバナー
詳細ページ大公式ページ大
詳細ページ中公式ページ中 詳細ページ中公式ページ中
詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小 詳細ページ小公式ページ小

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式を自宅で行う事ができる「自宅結婚式」とは?






昔ながらの「自宅結婚式」スタイル

結婚式と言えば、最近は結婚式場やホテルなどで行うのが当たり前になっています。しかし、今ではほとんど見れられなくなりましたが、昔からある結婚式の伝統的なスタイルには「自宅結婚式」というものもあります。「自宅結婚式」とは、新郎の自宅で親戚などを集めて行う結婚式の事です。自宅結婚式とはどういったものなのか見ていきましょう。


スポンサーサイト

「フォトウェディング」だと費用を抑えて結婚した記念を写真に残せる






写真だけで残す結婚式

結婚式を挙げない、または予定をしてないけど、ウェディングドレスや衣装を着た2人の写真は記念に残したいという人もいる事でしょう。そんな人には「フォトウェディング」がおすすめです。フォトウェディングだと、結婚式を挙げなくても二人が結婚した記念を写真に残せて、費用も抑えられます。幸せな記念を残すためにも、フォトウェディングを利用してみるのはどうでしょうか。


挙式と披露宴が16.8万円でできる?今話題の「スマ婚」とは






挙式と披露宴が16.8万円で叶う

今話題の「スマ婚」とは、「スマートな結婚」の略語です。「挙式と披露宴が16.8万円で叶う!」という宣伝で一躍有名になりました。それまで挙式にかかる費用と言えばその10倍以上はかかっていたため、なるべく安くで結婚式を挙げたいと思うカップルがスマ婚を利用するケースも増えてきています。では、スマ婚を利用すると本当に16.8万円で結婚式を挙げられるのでしょうか。


結婚式や披露宴の費用は総額でどれくらいかかるのか?






無理のない結婚式をしよう

結婚をする場合に結婚式を挙げる人も多いとは思いますが、その結婚式や披露宴の費用の総額というのはいくらくらい必要なのかはご存知でしょうか。結婚式の費用は、どれくらいの人を結婚式に招待するのか、どんな演出をするのかなどでその費用は変わってきます。無理のない結婚式を挙げるようにしましょう。

海外挙式をするための段取りと流れ






日本でやるより、海外挙式は楽

日本で挙式をする場合は披露宴を含めて何度も打ち合わせしに会場に行かなければいけません。しかし、海外挙式の場合は現地で着るドレスを日本で決め、1度だけ旅行会社と提携しているウェディング会社と打ち合わせをすればいいだけなので簡単です。ドレスも、現地に同じのが用意されている場合は、自分で持って行かなくてもよいので、旅行の用意だけしていけばいいのです。


海外挙式で人気のある場所はどこ?






海外挙式のメリットとデメリット

海外で結婚式をあげるメリットとしては、日本にはないロケーションで式が挙げられるという点や、現地で用意を済ませてくれているため、日本での準備期間が少なくて済み、用意も楽という点があります。また、新婚旅行も兼ねて行くため、予算も抑える事ができます。夫婦二人だけで式を上げる事も可能ですし、親族や親しい友人だけで挙げることも可能です。


婚約をしてから結婚式までにやらなければいけない準備






どんな結婚式をするのか決める

プロポーズの後、結婚式までの間にしておかなければいけない事とは何でしょうか。実は結構たくさんあります。結婚式場の予約や2人がどんな結婚式を挙げたいのかなど、やはり結婚式は2人の思い出に深く残るので、2人でよく話し合って決めるのが良いでしょう。また、誰を呼んでどのくらいの規模の結婚式にするのかも考えないといけません。


結婚式にかかる費用とは?教会からレストランまでの費用一覧






意外と知らない結婚式の費用

いざ結婚をしようと思ったものの、結婚式にかかる費用は幾らくらいなの?と意外と知らない人も多いのはないでしょうか。これは挙式の内容や挙げる場所によって値段は変わってきます。では具体的にどこで結婚式を挙げるとどのくらいの費用がかかるのかを見て行きましょう。

ハワイやグアムで結婚式を挙げる場合にかかる費用






海外で結婚式を挙げよう

最近では海外挙式を希望するカップルも珍しくはありません。特にハワイやグアムでの挙式は凄く人気があります。どこまでも透き通るような青空とエメラルドグリーンの海。その側であげるウェディングというのは、また格別の物があるわけです。結婚式を挙げる場合は、海外挙式をするというのもいいでしょう。

TOP△







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。